ゆとりある生活にしたい人のブログ

元適応障害の主婦が心にゆとりのある生活を目指して、暮らしやお金などについて綴っています

MENU

夫婦ふたり暮らし 2020年08月の家計簿

f:id:fkmaru:20200831164012j:plain

こんにちは。ふかまる(@e2TSRRTestes213)です。

いつもはてなスター、ありがとうございます!嬉しいです(๑>◡<๑)

8月最終日ですね。近くの小中学校はもう学校が始まっているので夏休み最終日という感じが全くしませんが、朝は日に日に涼しくなっているような気がします。秋の気配もすぐそこまできているかもしれません。

さて、今回は8月の家計簿を公開したいと思います。

 

我が家のスペック

  • 夫婦ふたり暮らし
  • 賃貸マンション住まい
    • 2LDK
    • 家賃相場はまぁまぁ高め
  • 車未所有
  • マイホームなど大きな買い物をする予定は今のところなし
    • 夫婦共にマイホームに興味関心がない
  • 12月に出産予定 NEW!

直近で大きな買い物をしないので貯蓄する必要ないと思う人もいるかもしれませんが、人生突然何が起きるかはわからないので最低限の貯蓄はコツコツとしています。それから、家計簿もつけています。つけている理由としては、お金の流れを把握したいのと設定した予算内でやりくりしたいからです。もし、使いすぎた時があっても家計簿をつけていれば、現状を把握した上で今後の対策を講じやすくなります。

やりくりの仕方

夫婦間でお金のやりとりが最低限で済むようにやりくりしています。
その理由は面倒だから。

固定費(家賃・水道光熱費・ネット)は夫の銀行口座から引落しです。月145,000円に収まるようにしていますが、予算内で済んでも予算外となってもその分のお金のやりとりはしないルールとなってます。

それから、やりくり費と先取り貯金分の105,000円を前月の月末頃に夫から受け取っています。夫婦間でのお金のやりとりはこれだけです。

先取り貯金分(50,000円)は貯金用銀行口座に預金、その残りが月々のやりくり費(55,000円)となります。日々の食費、日用品費、ふたりでの外食費、その他ふたりでかかるお金はやりくり費で支出します。

夫の給料から固定費、やりくり費と先取り貯金分を引いた額が夫の1ヶ月のお小遣いです。私のお小遣いはパート給料約8割です。我が家は他の家と比較してお小遣いが多めだと思います。ですが、そこからスマホ代、加入している保険料、飲み代、昼食代、交通費、洋服代などを各自で支払うことになってます。もし足りなくなくなったら、自分の貯金から崩して支払います。決して家のやりくり費などから支払うことはしません。

夫、私共に使いすぎることもなく自分自身でお金を管理できるため、上記のようなルールで問題なくやりくりできてます。

それと下記の記事に書きましたが、やりくり費を一部見直しました。

www.fkmaru.com

2020年08月の家計簿

8月の家計簿は下記の結果となりました。

f:id:fkmaru:20200831163838p:plain ※ 金額は、10の位は四捨五入した概数で表しています
※ 水道は2カ月に1度の支払いです

固定費は3,500円の黒字となりました。水道代の支払いがない分が浮きましたが、電気代が7,500円超えと7月に比べて約2,000円も高くなっています((( ;゚Д゚)))毎日つけっぱなしにしているので仕方ありませんね💧

やりくり費は約7,000円の黒字となりました。

食費

食費は先月よりも高くなりました。新型コロナウイルスの影響で昨年より1ヶ月の食費が2万円後半から3万円前半になるように💦しかし、新型コロナウイルスの影響だけで高くつくようになった訳ではありません。

今までは実家から定期的にお米をはじめとする食料品が送られてきました。食費削減という意味ではとても助かりますが、送られてくる量が尋常じゃなく多すぎて(1回につきダンボール2〜3箱)、ありがたいというよりも迷惑と感じるようになりました。親もいい年齢だし、老後のお金のことを考えるとやめさせたいと思い、あの手この手を使ってやめさせました。

どういう手を使ってやめさせたかは割愛しますがものが送られてこなくなったので、自分達でお米を購入するようになりました。ゆくゆくは宅配サービスを使用するつもりですが利用開始まで3ヶ月かかるとのことなので、今はイトーヨーカドーのネットスーパーでお米を購入しています。

そのため、以前よりも食費がかかるようになりました。しかし、親からの援助がないと1ヶ月の食費がこのぐらいかかるというのがわかってきて良かったです。

外食費

安産祈願の帰りにカフェに寄った分です。数年ぶりにかき氷をいただきました。冷たくて美味しかったです。

日用品費

ニトリでまな板を、無印良品でマスクケースや手指用消毒ジェルなどを購入したので、他月に比べたら高くなりました。

娯楽・レジャー費

8月は急遽旅行に行ったため他月に比べて高くなりました。旅行の宿泊費や交通費、一部のやりくり費は給付金(50,000円)+ボーナスの一部(10,000円)で支払いました。それ以外のやりくり費は家計から支払っています。

旅行がなければやりくり費のあまりがプラス10,000円ほど増えたと思いますが、(出産・育児のため)しばらく旅行にいけないと考えると旅行に行ってよかったです。まさにプライスレス・:*+.\( °ω° )/.:+

その他

妊婦健診助成券を使えるだけ使ったので、医療費はほぼ0円で済みました。

その他は医療費以外にもコインランドリー1回分の料金が含まれています。毛布を2枚、コインランドリーで洗濯&乾燥しました。

貯蓄額

続いて8月の貯蓄額ですが、下記の結果になりました。

f:id:fkmaru:20200831172744p:plain

収入に対して約23%の貯蓄率となりました。

それから、年100万円まで残り40万円きりました。残り4ヶ月、先取り貯金で20万円として残り20万円を貯める必要があります。冬のボーナスもあるので残り20万円を貯めるのは厳しくないと考えていますが、少しでも多く貯められるよう頑張りたいと思います!

私個人のお小遣いの使い道

私個人のお小遣いは下記の結果となりました。

f:id:fkmaru:20200831173510p:plain

※ 大まかな金額で示してます(誤差は-1,000円〜1,000円の範囲)

パートのお給料はいつも月末に振り込まれるので、前月に振り込まれた分がその月のお小遣いとなります(4月のお小遣いは3月に振り込まれたお給料)。

7月はボーナスが振り込まれいつもより多いパート給料になったので、お小遣いも多い結果となりました。少額でもボーナスは嬉しいですねヾ(●'∀'●)ノ

8月は7月に比べて合計支出が増えていますが、7月に行く予定だった旅行のキャンセル代を支払ったためです。キャンセル代しか払っていないのがなんとも悲しいですね。

では、各項目の支出をみていきたいと思います。

食費は7,000円台と7月に比べて安く済みました。間食が減っても気持ち悪くなることが減りました。それが影響しているかもしれません。

ドラッグストアで購入したいものがあったので少しばかり日用品代がかかっています。

スマホ代は7月と同様に2,000円台という結果に!昔と比べると支出がかなり減りましたね。

医療費は医療保険料のみです。

クレカの内訳は、サブスク、洋服代、母子手帳ケース代や実家への贈り物代等ですね。7月と比べたら支出が増えましたが、浪費ではないので良し!

その他は証明書のコンビニ交付でかかったお金です。コンビニのほうが役所よりも100円安くなるんですね。交付した時にはじめて知りました。

というわけで、2020年度の目標貯金額まであと111,950円で、夫婦旅行の私が支払う金額は少し変わって62,600円となりました。

8月は収入が多かったため支出が多くても30,000円以上貯金できましたヾ(●'∀'●)ノこの調子で9月も頑張りたいと思います!

なお、2020年度の貯蓄計画につきましては下記の記事をどうぞ。

www.fkmaru.com  

最後に

いかがでしたでしょうか。

8月は急遽旅行に行ったりしましたが、家計、私個人のお小遣い共に黒字でおさめることができました。
残り4ヶ月、目標を達成できるか不安な部分もありますが、できる限りのことをやっていきたいと思います。

では最後まで読んでいただき、ありがとうございました。