ゆとりある生活にしたい人のブログ

元適応障害の主婦が心にゆとりのある生活を目指して、暮らしやお金などについて綴っています

MENU

夫婦ふたり暮らし 2020年07月の家計簿

f:id:fkmaru:20200813220641p:plain

こんにちは。ふかまる(@e2TSRRTestes213)です。

いつもはてなスター、ありがとうございます!嬉しいです(๑>◡<๑)

ここ最近、毎日が異常だと感じるぐらい暑いですね。びっくりするほど暑い!
そして、日焼け止めを塗るのを忘れると怖いぐらい湿疹ができます(光線過敏症のため)。外出時は日焼け止めを塗るのを忘れないようにしないと…(^^;;

さて、遅くなりましたが7月の家計簿を公開したいと思います。

 

我が家のスペック

  • 夫婦ふたり暮らし
  • 賃貸マンション住まい
    • 2LDK
    • 家賃相場はまぁまぁ高め
  • 車未所有
  • マイホームなど大きな買い物をする予定は今のところなし
    • 夫婦共にマイホームに興味関心がない
  • 12月に出産予定 NEW!

直近で大きな買い物をしないので貯蓄する必要ないと思う人もいるかもしれませんが、人生突然何が起きるかはわからないので最低限の貯蓄はコツコツとしています。それから、家計簿もつけています。つけている理由としては、お金の流れを把握したいのと設定した予算内でやりくりしたいからです。もし、使いすぎた時があっても家計簿をつけていれば、現状を把握した上で今後の対策を講じやすくなります。

やりくりの仕方

夫婦間でお金のやりとりが最低限で済むようにやりくりしています。
その理由は面倒だから。

固定費(家賃・水道光熱費・ネット)は夫の銀行口座から引落しです。月145,000円に収まるようにしていますが、予算内で済んでも予算外となってもその分のお金のやりとりはしないルールとなってます。

それから、やりくり費と先取り貯金分の105,000円を前月の月末頃に夫から受け取っています。夫婦間でのお金のやりとりはこれだけです。

先取り貯金分(50,000円)は貯金用銀行口座に預金、その残りが月々のやりくり費(55,000円)となります。日々の食費、日用品費、ふたりでの外食費、その他ふたりでかかるお金はやりくり費で支出します。

夫の給料から固定費、やりくり費と先取り貯金分を引いた額が夫の1ヶ月のお小遣いです。私のお小遣いはパート給料約8割です。我が家は他と比較して割りかしお小遣いは多めだと思います。ですが、そこからスマホ代、加入している保険料、飲み代、昼食代、交通費、洋服代などを支払うことになってます。もし足りなくなくなったら、自分の貯金から崩して支払います。決してやりくり費などから支払うことはしません。

夫、私共に使いすぎることもなく自分自身でお金を管理できるため、上記のようなルールで問題なくやりくりできてます。

それと下記の記事に書きましたが、やりくり費を一部見直しました。

www.fkmaru.com

2020年07月の家計簿

7月の家計簿は下記の結果となりました。

f:id:fkmaru:20200813221249p:plain ※ 金額は、10の位は四捨五入した概数で表しています
※ 水道は2カ月に1度の支払いです

固定費は500円の黒字となりました。ギリギリ黒字を達成できて良かったです^^

やりくり費は約11,000円の黒字です。

切迫流産のため予定より医療費が10,000円以上高くついてしまいましたが、これは仕方がない出費ですね。色々大変でしたが、なんとか難を乗り越えられて良かったです。

その時の話は下記の記事をどうぞ〜

www.fkmaru.com

その他にはこの医療費以外にもコインランドリー1回分の料金が含まれています。毛布を1枚、コインランドリーで洗濯&乾燥しました。

6月よりも食費は少なく抑えることができました。1回だけネットスーパーで買いものをしたので食費に影響するかと思いましたが、思いの他影響を受けずに済んだので良かったです。流石に体調不良で家事ができない時は多少の使いすぎも良しと考えていました。

節約よりも健康でいることのほうが大事です!

そして、7月は外食に行きませんでした。というよりも、行けませんでした(涙) 旅行もキャンセルしましたし…もし何事もなく旅行に行っていたら、やりくり費の内訳も変わっていたと思います(꒪⌓꒪)

貯蓄額

続いて7月の貯蓄額ですが下記の結果になりました。

f:id:fkmaru:20200813223147p:plain

収入に対して約24%の貯蓄率となりました。

給付金が入金されたので貯蓄に含めたいところですが、洗濯機購入や引っ越しがまだ済んでいないため含めていません。ちなみに、ソファ(というか座椅子になりましたが)はボーナスの旅行に割り当てようとしていたお金で購入しました。もし、給付金のお金が余った時点で貯蓄に含めて公開したいと思います。

私個人のお小遣いの使い道

私個人のお小遣いは下記の結果となりました。

f:id:fkmaru:20200818143607p:plain

※ 大まかな金額で示してます(誤差は-1,000円〜1,000円の範囲)

パートのお給料はいつも月末に振り込まれるので、前月に振り込まれた分がその月のお小遣いとなります(4月のお小遣いは3月に振り込まれたお給料)。

それと表には載せていませんが、パートのお給料以外にも帯祝いとして両親から30,000円いただきました。なので、トータルの収入は86,000円となります。

帯祝いの30,000円のうち、約15,000円をマタニティ用品、5,000円を安産祈願の初穂料で使いました。あと10,000円残っていますが、マタニティもしくはベビー用品を購入したいと考えています。

今まで購入したマタニティ用品は下記の記事で紹介していますので、よろしければどうぞ。

www.fkmaru.com

7月は6月に比べて金額は減ったものの、黒字で終わらせることができました!支出は6月よりも約2,500円ほど安く済んでいますので、収入の影響で6月よりお小遣いのあまりが減ったと考えられます。

続いて、各項目の支出をみていきたいと思います。

食費は6月よりも少しだけ安く済みましたが、自宅安静でどこにも出かけられなかったのが影響しているだけかと思います。

スマホ機種の分割払い等もなくなったので、スマホ代が以前よりもかなり安くなりました。これでかなり支出が抑えることができるようになりました。

医療費については6月よりも高い結果になりましたが、医療保険料に加えて心療内科の診療費がかかったため高くなりました。前回はありませんでしたが、今回は妊婦加算によって今までよりも倍のお金がかかりました(꒪⌓꒪)

クレカの内訳は、美容院でのカット代とサブスクですね。

2020年度の目標貯金額まであと145,563円で、夫婦旅行の私が支払う金額は4月と変わらず84,600円です。

7月も30,000円貯金することはできなかったのは悔いが残る点ではありますが、以前よりも浪費は減った気がします。引き続き、8月も頑張りたいと思います٩( 'ω' )و

なお、2020年度の貯蓄計画につきましては下記の記事をどうぞ。

www.fkmaru.com  

最後に

いかがでしたでしょうか。

7月も家計、私個人のお小遣い共に黒字でおさめることができました!
想定外の出費があると(今回は医療費)やりくり費内で収めることができるかヒヤヒヤしますが、他でうまいこと調整できているのはいい傾向だと思います。子供が生まれてからは今以上に想定外の出費があると思うので、その点を考慮して予算を組んでいくことを考えなければいけませんね。

では最後まで読んでいただき、ありがとうございました。