ゆとりある生活にしたい人のブログ

適応障害の主婦が心にゆとりのある生活を目指して、暮らしやお金などについて綴っています

MENU

夫婦ふたり暮らし 2020年02月の家計簿

f:id:fkmaru:20200316101805j:plain

こんにちは。ふかまる(@e2TSRRTestes213)です。

いつもいいねしてくださり、ありがとうございます!

時がすぎるのは早いもので、もう3月の中旬になってしまいましたが2月の家計簿を公開したいと思います。

 

我が家のスペック

  • 夫婦ふたり暮らし
  • 賃貸マンション住まい
    • 2LDK
    • 家賃相場はまぁまぁ高め
  • 車未所有
  • マイホームなど大きな買い物をする予定は今のところなし

直近で大きな買い物をしないので貯蓄する必要ないと思う人もいるかもしれませんが、人生突然何が起きるかはわからないので最低限の貯蓄はコツコツとしています。それから、家計簿もつけています。つけている理由としては、お金の流れを把握したいのと設定した予算内でやりくりしたいからです。もし、使いすぎた時があっても家計簿をつけていれば、現状を把握した上で今後の対策を講じやすくなります。

やりくりの仕方

夫婦間でお金のやりとりが最低限で済むようにやりくりしています。
その理由は面倒だから。

固定費(家賃・水道光熱費・ネット)は夫の銀行口座から引落しです。月145,000円に収まるようにしていますが、予算内で済んでも予算外となってもその分のお金のやりとりはしないルールとなってます。

それから、やりくり費と先取り貯金分の105,000円を前月の月末頃に夫から受け取っています。夫婦間でのお金のやりとりはこれだけです。

先取り貯金分(50,000円)は貯金用銀行口座に預金、その残りが月々のやりくり費(55,000円)となります。日々の食費、日用品費、ふたりでの外食費、その他ふたりでかかるお金はやりくり費で支出します。

夫の給料から固定費、やりくり費と先取り貯金分を引いた額が夫の1ヶ月のお小遣いです。私のお小遣いはパート給料約8割です。我が家は他と比較して割りかしお小遣いは多めだと思います。ですが、そこからスマホ代、加入している保険料、飲み代、昼食代、交通費、洋服代などを支払うことになってます。もし足りなくなくなったら、自分の貯金から崩して支払います。決してやりくり費などから支払うことはしません。

夫、私共に使いすぎることもなく自分自身でお金を管理できるため、上記のようなルールで問題なくやりくりできてます。

2020年02月の家計簿

2月の家計簿は下記の結果となりました。

f:id:fkmaru:20200316102859p:plain ※ 金額は、10の位は四捨五入した概数で表しています
※ 水道は2カ月に1度の支払いです

おおよそ2万円のやりくり費があまりました。

2月は新型肺炎の影響で外出する機会が減りました。そのため外食費もかなりダウンの結果に。
「娯楽・レジャー費」は旅行でかかった食事代などです。

その時の旅行の内容は下記をどうぞ。いろんなパン屋さんを巡りました。

www.fkmaru.com

貯蓄額

2月の貯蓄額は下記の結果になりました。

f:id:fkmaru:20200316103111p:plain

目標の年100万円に向けて、今のところ順調な滑り出しだと思います。

収入に対して約27%の貯蓄額!
こういった日々の積み重ねが大事だと思うので、今後も続けたいと思います。

私個人のお小遣いの使い道

f:id:fkmaru:20200317225358p:plain

※ 大まかな金額で示してます(誤差は-1,000円〜1,000円の範囲)

パートのお給料はいつも月末に振り込まれるので、前月に振り込まれた分がその月のお小遣いとなります(2月のお小遣いは1月に振り込まれたお給料)。

今回は勤務日数が多かったおかげでお給料も多めでしたヾ(●'∀'●)ノ

しかし、旅行の交通費・宿泊費を支払ったため、トータルで見るとマイナスの結果となりました…
旅行がなければプラスでしたが仕方ありません。

その他はメルペイのチャージ分です。

2020年度の目標貯金額まであと245,400円で、夫婦旅行の私が支払う金額は残り88,000円です。
目標達成まで道のりが遠くなりましたが、地道に頑張りたいと思います。

2020年度の貯蓄計画につきましては下記の記事をどうぞ。

www.fkmaru.com  

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回から私のお小遣いのやりくりについても書くようにしました。集計については手間取りましたが、なんとか見える化ができてよかったです。内容がわかりにくいかと思いますが、少しずつ改善して見やすいようにお見せできるようにしていく予定です。結果的に、お小遣いのやりくりは赤字と残念な結果でしたが、赤字になった原因はわかっているので悪くないかなと感じています。

やはり内容を整理して見える化するとどこに無駄が発生しているかわかりやすくなりますね!

家計のやりくりは今までどおりで、私のお小遣いのやりくりについては少しずつ調整していけるように続けて行きたいと思います。

では最後まで読んでいただき、ありがとうございました。